blog index

αさんの手作りフルーツパイ工房

“工場”じゃなくて“工房”だとあれほど(ry
<< 小説始めました。 | main | カラオケ感25 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
カラオケ感24

どうもー。

超久々にカラオケ行って来た!!

ということでいつも通り書いていこう。

今回はちと長くなりそう。



今日はカラオケに行けなかったこの約一ヶ月間で練習していたことを実践してみたんだけど、予想通り全然声量なかったwww

もうね、元の声量がないからマイクの音量を上げたところで無駄っていうw

隣で比較的小さめの声で歌ってるしろこに普通に負けるレベルw

でもなぁ、個人的には恐らくこれこそが『正しい(あくまで声楽的な意味で)ミックスボイス』ってやつなんじゃないかなぁって思ってたりします。

勿論何の根拠もないのでただの憶測でしかないし間違っているのかもしれないけど。

そう思う理由として、


.潺奪スボイスの情報でよくある『出来始めは声量がない』ということ


ズバリこれは今日の自分に無茶苦茶当てはまってる。

今までの声量は何だったんだっていうぐらいに声量がしょぼいw


▲潺奪スボイスは地声が少し丸みを帯びたような響き


現時点での私のミックスボイス(のヘッド部分)はとてもじゃないが地声には聞こえないんだけど、それでもファルセットとはまた違う響きではあると思う。

客観的に聞いたらどうなのかはわかんないけど、少なくとも自分の感覚では全然ファルセットではない(響きが裏声っぽいという自覚はあるけど)。

恐らく少しだけ閉鎖筋が働いている状態なんだと思う。

でもまだまだその筋力が弱いしその使い方もいまいち把握し切れていないからどうしても裏声っぽくなってしまうんだろう(と思う)。

しかしミドル域に関しては『ミドルっぽい』感じになってると思う。

私が思う『ミドルっぽい』というのを一応説明しておくと、プロの人で言うとスピッツの草野さん辺りの声質がそんな感じ。

あの声質こそ正統派なミドルではなかろうか(あくまでも私個人の意見なので異論は認める)。

なんだろう、『地声のような太さを確保しながらも地声にはない裏声特有の柔らかさのある声』って感じかな。

草野さんの歌声はホントに地声と裏声の中間のような声質だと思う。

んで今回私のミドル域の声はそれに近いものがあったんじゃないかなと思ってたりしてます。

勿論現時点では声量が出ないしどちらかというと裏声寄りなのかもしれないけど、それでもただの裏声(ファルセット)よりかは絶対太かったと思う。

そう思う理由の一つとして、しろこに不意打ちで“今のところ(『林檎売りの泡沫少女』の出だし歌唱後のこと)裏声っぽかった?”と聞いてみたけど、返答に詰まってたところを見ると多少なりとも地声っぽい響き(というか太さ)があったんだと思う(ちなみにヘッドのところでは裏声と即答されたw)。

ちなみに換声点は曲によってはまだまだ目立つところは目立つんだけど、それでも以前の裏発声時よりかは全然スムーズにいけます。

ただすべてにおいて神経を研ぎ澄ましてやってる状態なので、本当の意味での換声点の克服はまだまだ先っぽいかな。



んでここからはさらに憶測なので異論は大いに認める。

今日の自分の声質は恐らく鋼兵やtaigaの発声法に近いものがあるんじゃないかなとか思ってます。

あと大それた意見なのは百も承知だけど、この発声の延長線上にはNoBさんもいるんじゃないかなとかも思ってます。

とりあえずこれを聴いてほしい。


<ローリンガール(ハードロックver.)>
http://www.nicovideo.jp/watch/sm19758821


自分の歌唱力なんてこの人達に比べたら道端に吐き捨てられたガムみたいなもんだけど、それでも声の膨らみ具合というか、そういったところはちょっと似通ったところがあると思う。

勿論今日の声ではまだまだ声量も出ないし裏声っぽいのは自覚してるけど、それでもこれを鍛えていけばこういう声になる可能性はないとは言えないという手応えはあった。

『全然似てないしwwwww』とかいうのは勿論受け付ける。

少なくとも今日の感じなんかじゃそう思われて当然だと思うしwww

でも自分の中で何故かそういう謎の憶測が出来てるんだよねw

何の根拠もないんだけど、こればっかりは自分の体感によるところが大きいので他人には理解出来ないだろうなw



ということで今後の鍛える方針がまた新たに決まった訳ですが、これは相当厳しいものになりそうだなぁ。

声量が無さ過ぎて正直気持ちよさは欠片もないwww

最初の数曲は前までの地声発声でいってたんだけど、恐らくあの方法では高さと持久力に限界がある(情報でもそういう記述あり)。

単発でなら私でもhiFぐらいまでならこっちで出せるけど、でも一曲通しでは絶対無理w

というかhiBでも相当辛い。

ついでに言うとミドルの高音(mid2G辺り)が続くと消耗が半端なくてhiBだって余裕で無理になるw

これまた自分の体感によるものなので何の根拠もないから理解されないかもだけど、恐らくあの発声は『ハードミックス』と呼ばれるものかと(前にも書いたけど)。

所謂『地声ベースのミックスボイス』ですね。

プロの人で言うとミスチルの桜井さんは恐らくこの発声法なんだけど、やはりこの発声法は声帯への負担が半端ないから、桜井さんのような大ベテランをもってしてもライブではキー下げしないと厳しいみたい。

歌い手で言うと恐らくぐるたみんもこっち側なんだろうけど、彼もまたライブではオク下・キー下げがデフォルト(まぁ歌う曲が鬼畜なものばかりだから仕方ないとは思うけど)。

んで本人も歌唱時の喉の痛みを自覚済みみたいなんで、『正しい発声法』という観点では余裕でNGかと。

声の質的には私もハードミックスの方がかっこいいから好きなんだけど、ボカロ曲を『喉への負担を可能な限り少なく原キーで』歌う上ではやっぱりこれではきついんだよね。

ということでこれからはこのライトミックス(と呼べるレベルに達しているかは定かではないが)でまた鍛えていこうと思います。

とりあえず当面の目標は声量UPからだなw

ぶっちゃけ聞こえなさ過ぎて歌ってて辛いwww

情報によると早くても3ヶ月、遅ければ年単位の月日がかかるみたいだけど、まぁ情報を素直に信じる気はないのでとりあえず半年を目標にしていこうと思う。

もしそれよりも早く成果が現れてくれればラッキーってことでw



それでは最後に今日歌ったこの曲を貼り付けておこう。


<ピーチミートパイ>
http://www.nicovideo.jp/watch/sm20488518


これで今日の私の発音に納得してもらえるだろうwww

ちゃんと原曲通りwwwマジこの曲好きwww





以上、【カラオケ感24】でした☆

| α | カラオケ | 23:23 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:23 | - | - | - | - |
コメント
機械音声であの発音はマジ半端ないと思うw
ていうか仏の意味わかってなかったんかw
ちゃんと解説したやん俺www
| クレ | 2013/08/22 11:54 PM |
きかされてはいたけど本家の発音は別格やった・・・・
あとコメントのおかげで仏の意味がわかったwww今更www
| しろこ | 2013/08/18 3:46 AM |
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://jda0228.jugem.jp/trackback/82
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

bolg index このページの先頭へ